キャッシングやカードローンで覚えておきたいブラックリストとは

キャッシングやカードローンに関する話題でよく耳にする言葉の中に、「ブラックリスト」という言葉があります。ブラックリストと聞くと、誰しもが不安になります。しかし、実際にはブラックリストという言葉は存在しません。ブラックリストとは、「信用情報」のことを意味します。

信用情報とは、個人の基本情報や収入に関する情報のことです。この情報をベースにキャッシングやカードローンに関する審査が進められます。例えば、クレジットカードの支払いやカードローンの返済が遅れた場合は、2か月後に信用情報が異動されます。それが、ブラックリストに載るという意味です。

こうした信用情報が異動してしまうと、一定の年月あらゆる借入ができなくなります。そのため支払いや返済を早めに行うことが大切です。どうにもならない場合は、弁護士に債務整理を依頼するのも選択肢の一つです。

そうならないために注意すべき点は、計画的に借り入れを行うことです。弁護士に債務整理を依頼することで信用情報の異動が帳消しになります。また、新たにローンを組むことが可能になります。必要以上に借り入れを行わないことが信用情報に傷をつけることを防ぐ唯一の方法です。キャッシングやカードローンの借入の際には、把握しておく事が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です